がんの先進医療

先進の放射線治療には高精度照射とし定位照射、IMRT(強度変調照射)と粒子線治療(重粒子線、陽子線)があります。定位照射とIMRTは現在保健適応となっています。粒子線治療は現在、先進医療の枠組みの中で施行され保険適応になっていないため、約300万円前後が全額自己負担となります。粒子線治療がどれほど有効なのか、どのような患者さんが適応なのか、そして副作用もまだ十分研究されていません。しかしながら治療実績が積み上がれば、いずれは公的な健康保険適用へと格上げされる可能性があります。これらの治療法の適応についてはがん診療連携拠点病院の放射線治療専門医にご相談いただくことをお勧めいたします。または直接下記施設お問い合わせください。



がんについて学ぼう!
携帯サイズで見る