岐阜県がん情報センター

大野センター長

岐阜県がん情報センター長

大野 康

“ぎふがんねっと”開設に寄せて

“がん” は、昭和56(1981)年、死因の第1位になって以来、年々増加の一途をたどり、現在では 2人に1人ががんに罹患し、3人に1人が”がん”で亡くなる時代になりました。その対策を望む声から、平成18(2006)年「がん対策基本法」が成立。平成19(2007)年「がん対策推進基本計画」が策定され、国、都道府県、そして医療機関は本格的に”がん”対策に乗り出しました。平成24(2012)年6月、新しく改定され、働く世代や小児がん対策の充実などの新しい課題が盛り込まれました。新5年計画では、「がん患者を含む国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」を目指すと定めています。

一方,早期にがんを発見し,きちんと治療を行えば治る時代になってきています。むやみに恐れてそのような情報から遠ざかることをせずに,安心し信頼できる情報を前向きに取り込んでいきたいものです。

 岐阜県がん情報センターは岐阜県と共同で,県の100%補助事業として「岐阜県がん情報センター事業」というものを始めました。がんに関する信頼のおける情報を患者目線でわかりやすく提供したい。県内のがん情報を集約して1人でも多くの方ががんを乗り越えていくことが出来るように支援したい。ということを目的に事業はスタートしています。

このサイトのみで,がんに関する全てのことを網羅することは不可能ですが,多くの方々の支援を頂きながら,少しずつでも情報を発信し,がんで苦しんでいる方の助けになり,がんで苦しむ方がいなくなるような社会の実現に努力していきたいと思っています。このサイトがそのために少しでもお役に立てば幸いです。是非,有意義にご活用頂きたいと思っております。

 なお,このサイトの開設・運営を行っている岐阜県がん情報センターについて詳しくお知りになりたい方は,下記のリンクをご参照ください。

がんについて学ぼう!
携帯サイズで見る