岐阜県地域連携パスに関する資料

岐阜県地域連携パスについて

岐阜県地域連携パスは県内統一様式で運用しています。

 平成24年3月14日の岐阜県がん診療連携拠点病院協議会において、「がん医療の均てん化を目指したパスの県内統一化」が了承され、同年10月より県内統一様式の「岐阜県地域連携パス」が運用されております。
 また平成27年9月からの3か月間で、現行内容の見直しと必要に応じた修正を目的として、各パスを使用している県下施設内で患者様のアンケート調査を行いました。今後は、病期進行度による規定を解除することで幅広い患者様を対象とすることのみならず、5大癌以外の癌腫に対するパスを応用することで、一人でも多くの皆様のお役に立ちたいものと考えております。

 

●岐阜県地域連携パス、運用要綱はこちらからご覧いただけます。
パスの種類 ファイル 運用要綱
胃がん 岐阜県地域連携パス_胃がん.pdf 岐阜県地域連携パス胃癌運用要綱.pdf
大腸がん 岐阜県地域連携パス_大腸がん.pdf 岐阜県地域連携パス大腸癌運用要綱.pdf
肝臓がん 岐阜県地域連携パス_肝臓がん.pdf 岐阜県地域連携パス肝細胞癌運用要項.pdf
肺がん 岐阜県地域連携パス_肺がん.pdf 岐阜県地域連携パス非小細胞肺がん運用要綱.pdf
乳がん 岐阜県地域連携パス_乳がん.pdf 岐阜県地域連携パス乳がん運用要綱.pdf
前立腺がん 岐阜県地域連携パス_前立腺がん.pdf 岐阜県地域連携パス前立腺がん運用要綱.pdf

診療報酬算定について

岐阜県地域連携パスの運用に当たっては、がん診療連携拠点病院等(計画策定病院)は「がん治療連携計画策定料」が、かかりつけ医(連携医療機関)は「がん治療連携指導料」が算定できます。
連携パス

●B005-6-2 がん治療連携指導料300点

区分番号B005-6に掲げるがん治療連携計画策定料を算定した患者であって入院中の患者以外のものに対して、地域連携診療計画に基づいた治療を行うとともに、患者の同意を得た上で、計画策定病院に当該患者に係る診療情報を文書により提供した場合、月1回に限り算定する。


    岐阜県がん地域連携パス用診療情報提供書
    岐阜県地域連携パス運用の患者さんが、かかりつけ医から計画策定病院へ情報提供する際にご利用ください。各施設の情報提供書をご利用の際は、こちらの内容を参照ください。

    Word PDF


上記の規定に基づく計画策定病院への文書の提供に係る区分番号B009に掲げる診療情報提供料(Ⅰ)の費用は、所定の点数に含まれるものとする。ただし、がん関係の疾患や病状以外の病態についての診療情報提供であれば、同月であっても算定可能です。

パスに従った定期の情報提供の時期以外に、患者の状態等の変化により、拠点病院に対し治療方針等の相談・変更が必要になった際、情報提供を行った場合も算定ができます。(但し、当該月においてがん治療連携指導料を算定している場合は算定できません)

パスの種類により、腫瘍マーカーの検査を行ったものは、検査料ではなく、悪性腫瘍特異物質治療管理料(区分に従い220~400点)を月1回に限り算定します。

お問い合わせ先 がん診療連携拠点病院

施設基準の届け出の流れ

診療報酬算定には、あらかじめ施設基準の届け出が必要となります。

① 「特掲診療料の施設基準に係る届出書」に記入

「特掲診療料の施設基準に係る届出書」はこちらからダウンロードできます→ 様式

② 「特掲診療料の施設基準に係る届出書」を郵送

正副2通を次の住所までお送り願います。

【郵送先】

〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1-1
岐阜大学医学部附属病院 医療支援課 連携パス担当

 

●届出書の締切日はつぎのとおりになります。
年度 届出書締切日
平成29年度 5月10日
10月10日
2月10日

 

③ 岐阜県内の全がん診療連携拠点病院と連携開始

届出書をとりまとめ、東海北陸厚生局へ提出いたします。締切日の翌月より、算定開始となります

 

施設基準届出医療機関

計画策定病院(がん診療連携拠点病院)の一覧並びに連絡先はこちら

がん治療連携計画策定料・がん治療連携指導料の施設基準に係る届出受理医療機関一覧はこちら

岐阜県がん療養サポートパスについて

岐阜県は「がん療養サポートパス」(緩和ケアパス)を県内統一様式で運用します。

「がん療養サポートパス」は、平成26年3月の岐阜県がん診療連携拠点病院協議会において合意を得ました。
その後、県内各がん診療拠点病院で試行運用し、検討を重ね平成27年3月9日の岐阜県がん診療連携拠点病院協議会に諮り、4月より正式に運用する運びとなりました。

 

 

がんについて学ぼう!
携帯サイズで見る