岐阜県がん登録事業

地域がん登録

県内の医療機関からがんの罹患情報、市町村・保健所から死亡情報・生存情報を収集し、登録・分析を行います。それにより、がんの生存率や罹患率を算出し、がん対策の企画と評価に役立てています。

岐阜県の地域がん登録

岐阜県では、がん対策を効果的・効率的に推進するための基礎として、「岐阜県がん登録事業」全県下にて開始し、がんの発生状況・死亡状況の把握に努めて参りました。平成17年1月には岐阜県内6病院が「地域がん診療連携拠点病院」指定、平成18年8月にはあらたに1病院が「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定され、岐阜県の地域がん登録の精度向上に寄与しています。

がんについて学ぼう!
携帯サイズで見る