ぎふがんねっと

Q,セカンドオピニオンを受けたいが、主治医との関係を損なうことが心配。

セカンドオピニオンは患者の権利として認められています。そして、患者さんの病状にあった情報や意見を求めるには、紹介状が必要となります。

まずは担当医の意見を十分に理解しておくことが大切です。そして担当医にセカンドオピニオンについて率直に相談して、準備していくことをお勧めします。担当医には、セカンドオピニオン後の報告をすることや今後の診療の相談もお願いしたいことを伝え、主治医との関係作りに努めてはいかがでしょうか。

 

なお、セカンドオピニオンとは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、違う医療機関の医師に意見を求めることです。医療機関を替えて治療を受けることではありません。また、セカンドオピニオンは健康保険の適用外ですので、各医療機関の定めた料金を支払うことになります。