子供ががんになったとき

子どもにおこる悪性腫瘍を「小児がん」と呼びます。最近の医学の目覚ましい進歩によって、小児がんの中にも完治が望める病気もあるため、正しい知識を持って治療に臨みましょう。また成長過程における闘病生活は子どもの身体的成長のみならず、子供ががんになったとき心理社会的な面に大きな影響を及ぼします。さらに患者さんのみならずご家族の精神的負担も大きく、ご家族だけで子どもを支えていくことは大変です。医療費助成や相談事業、患者の会などの情報も入手し、参考にされるとよいでしょう。

    がん情報サービス(小児がんについて)
    国立がん研究センターがん対策情報センターより、がんになった子どもへの対応、検査や治療、治療にあたって心掛けること、社会的支援、退院後の生活など、様々な情報が掲載されています。困ったときに相談ができる「相談支援センター」や必携の「小児がんの療養情報」の資料がダウンロードできます。
    http://ganjoho.jp/child/index.html
    (独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター)
    小児がん情報ステーション
    国立成育医療センターより小児がんに関連する医学情報、支援活動、研究活動などを中心に様々な情報が掲載されています。
    https://www.ncchd.go.jp/
    がんの子どもを守る会
    公益財団法人がんの子どもを守る会の活動内容や交流会・相談会の情報などが掲載されています。また病気や療養生活についての相談専用電話の紹介や様々な小児がんの資料が入手できます。
    http://www.ccaj-found.or.jp/


    ※岐阜県内の小児がんの患者さんの団体の情報はこちら

がんについて学ぼう!
携帯サイズで見る