ぎふがんねっと

小児 AYA世代 の相談(0歳~39歳)

小児AYA世代のがん患者・経験者・家族が治療や利用可能な制度等の専門的な相談が受けられる窓口があります。

小児期やAYA世代にがん等の長期に療養が必要な疾患を抱えることは、疾患そのもによる心身の負担以外にも、晩期障害や妊よう性の温存など様々な問題を抱えることにります。小児期やAYA世代の患者の抱える医療に関する不安、 療養に伴う教育や就労を含めた心理的社会的な問題等ついて、高度かつ専門的な相談の場を提供します。