ぎふがんねっと

たばこ対策に関する情報

喫煙の害

たばこを吸うことによる健康への影響について、次のようなことが報告されています。

  • 健康寿命(健康で過ごせる寿命)が10年短く、病気の期間が5年長く、寿命が7年短くなります。
  • 肺がん・喉頭がん・食道がん・咽頭がん・口腔がんなど体中にがんができやすくなります。
  • 血圧が上がり、糖尿病は2倍に、心筋梗塞は3倍になります。
  • くも膜下出血が3~4倍になり、脳梗塞・脳出血も増えます。
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、ほとんどすべてが喫煙者です。
  • 妊娠しても胎児の発育障害があり、閉経が早く、不妊が増えます。
  • うつ病が2倍になり、認知症になりやすくなります。
  • 顔色が悪く、でこぼこの皮膚、お化粧ののりが悪くなります。
  • スモーカーズボイスといって、低くしわがれた声になります。
  • 歯周病が起こり、歯が抜けることがあります。
  • 受動喫煙を周囲に及ぼします。

西濃地区の「防煙教室」の活動

西濃地区では平成16年3月に、タバコ関連疾患であるCOPD(慢性閉寒性肺疾患)対策のため、医師、薬剤師を中心に「禁煙と健康について考える西美濃の会」を発足し、勉強会や啓発活動を行っています。平成21年度からは西濃地区の中学1年生を対象にした「防煙教室」を開始し、タバコの毒性や関連疾患、受動喫煙の害やニコチン依存症についての講義を行っております。

禁煙に関するホームページ