ぎふがんねっと

がん検診について

更新日:2020年12月22日

がん検診の流れ 自覚症状は無くともがん検診をうけましょう


がん検診は一次検診、精密検査(二次検診)、がんの確定診断、治療という流れで進んでいきます。
一次検診では「スクリーニング」といって、健康な人と、多少でもがんの可能性が疑われる人を見極めてふるいわけます。 もし、精密検査でがんと診断(確定診断)された場合は、必要に応じて治療へ進むことになります。がんを早期発見、早期治療をすることより、長期間の入院による肉体的・精神的負担や、経済的負担など、あなただけでなく、家族への負担も軽減されます。愛する家族のためにも、自覚症状がない時からがん検診を受診しましょう。

検診

自覚症状のない時からがん検診を受けましょう

「自覚症状がなければ、がん検診はしなくていい」そんなことを思っていませんか?今日の日本では、国民の2人に1人ががんにかかり、国民の3人に1人ががんで死ぬといわれています。しかし、治療や診断の進歩により、早期発見、早期治療が可能になってきました。がんによっては、検診にて早期発見をし、早期治療を行えば、90%以上の人が治ることが可能です。 岐阜県の検診受診率は 岐阜県のがんの現状のページをご覧ください。

がん検診早期発見

がんの早期発見には、がん検診が非常に有効です

下図より、がん検診では、進行度の低いがんが多く発見されている事がわかります。また、自覚症状があらわれてから受診した人は、がんが早期より進行していることがわかります。がんを早期発見、早期治療をすることより、長期間の入院による肉体的・精神的負担や、経済的負担など、あなただけでなく、家族への負担も軽減さます。愛する家族のためにも、自覚症状がない時からがん検診を受診しましょう。

各種がん検診の詳細について

(独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター)
がん検診のメリット・デメリット、部位別のがん検診について掲載されています。

がん検診を受けるには?

がん検診をうけるには、以下の方法があります。

  1. お住まいの市町村が実施するがん検診をうける。
  2. お勤め先やご加入の医療保険が実施するがん検診をうける。
    (お勤め先や、ご加入の医療保険の担当者の方にお問い合わせください。)
  3. 医療機関が実施するがん検診をうける。

岐阜県の市町村では、職場などでがん検診を受けることのできない方の検診を実施しています。検診に関する詳しいお問い合わせは、お住まいの市町村の問い合わせ窓口までお問い合わせください。

がん検診を受けるには