ぎふがんねっと

がんの治療について

更新日:2020年12月18日

医師から、「がん」と告げられたら、大きなショックを受け、動揺するのはごく当たり前のことです。しかし、現在の自分の症状を正しく理解することで、漠然とした不安や疑問が軽減される場合があります。納得のいく治療を選択する為にも、まずご自分の病気について情報を集めましょう。

各種がん治療のフローチャート

がんの治療方法は主に、
・外科手術による治療(内視鏡など、直接がん細胞を取り除く)
・化学療法(投薬・点滴などでがんを小さくしたり症状の進行を遅らせる)
・放射線による治療(放射線を当ててがん細胞を死滅させる)
の3種類です。
部位や症状の進行度によっては複数の治療方法を組み合わせる場合もあります。

部位をクリックすると各種がんの進行度別治療チャートが出てきます。

※治療方法は患者さんの体力・体質などによって変化する場合があります。

    がんの解説
    (独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター)
    各種のがんについて、がんが疑われたときから治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報を、部位・臓器別に載せています。

    がんの冊子
    (独立行政法人国立がん研究センター)
    がんに関する病気や治療について、患者さんやご家族に知っておいてもらいたい情報をまとめた冊子を閲覧することができます。